NewsLetter

NewsLetter 2018年1月号

NewsLetter 2018年1月号

根の再治療は難関です!

根の再治療の基本は歯の神経を取る治療と同じく、根の中を削る、消毒する、封をするの3つです。「それなら神経を取る治療と根の再治療の大変さは変わらないだろう。」と思うかもしれませんが、実際には大違いです。それには3つの理由があります。

①根の中にある硬い詰め物を取り除いてからの治療になる。
前に治療した時に詰めたお薬が根の奥までガッチリと入っているため、まずこれを取り除かなければならない。

②細菌が歯の中で蔓延している。
神経を取った歯には血液やリンパ液が流れておらず、生体の防御機構が働かないため細菌が限りなく増殖している。

③神経を取った治療ですでに歯が弱っている。
以前の治療で根の中をある程度削っているため、再治療では根の中を必要なだけ削れない場合がある。

こうした事情で膿が止まらず、状態が良くならない場合があり、再治療はとても困難です。そのため治療に長い期間かかってしまうことがありますが、根の治療は歯を残すための大切な治療ですので、最後までご来院下さいますようお願いします。

いの歯科医院 歯科衛生士 辰喜 光

参考文献:nico/2017.06

インプラントを入れたから歯周病はもう大丈夫?!

「インプラントに歯周病の心配はない。」と思われるかもしれませんが、実はインプラントも歯周病になります。

インプラントの歯周病は、「インプラント歯周炎」と呼ばれ、一般の歯周病がプラークや歯石が原因でなるのと同様に、インプラント歯周炎もプラークや歯石が原因で炎症が起こります。インプラント歯周炎も通常の歯周炎と同様に自覚症状が出にくく、「膿が出るな。」と気づいた時には重症化しているケースが多いのです。そして、歯周病で歯を失うのと同じように、インプラント歯周炎でインプラントを失ってしまう可能性もあります。

(nico 2017.06より)

※Newsletterは、こちらから一覧表示できます。

NewsLetter 2017年12月号

NewsLetter 2017年12月号

お口ポカンは体に影響する!?

皆さんのお子さんや、お孫さんはお口ポカーンになってはいませんか?実はお口ポカンの癖は歯や体の健康に影響するのです。
歯の健康面では、唾液が乾きやすいのでむし歯や歯周病のリスクになったり、出っ歯や受け口になりやすいということが挙げられます。

体の健康面では、細菌が口から入りやすいので風邪をひきやすいことや、お口が乾燥し炎症を起こしやすく、アレルギーの原因になることからアレルギー性鼻炎や扁桃腺の肥大と関連することがわかっています。また、睡眠時に舌が下がることで無呼吸症の原因になることもあります。
そして現在、集中力の低下に影響するという研究も進められています。

「お口ポカン」は、6歳~12歳の永久歯に生え代わる時期のお子さん多くに見られ、大人になるにつれて自然と治る方も多いです。また、お口周りの筋力アップトレーニング等もあります。

家族の声かけも大切です。しかし、鼻炎や扁桃肥大のあるお子さんに、「お口を閉じなさい。」と、命ずるのはあまりに酷です。そういった場合は、まず耳鼻咽喉科で治療を受けましょう。

いの歯科医院 医療事務 小林万希子

参考文献:nico/2017.10

冬のお風呂にご用心!

寒い日は温かいお風呂で温まりたいですよね。でも、寒い日に急に熱いお風呂に入ると血圧の急上昇と急降下が起こり、入浴事故につながります。お湯は41℃までのぬるめの湯温にし、脱衣の前に風呂ぶたを半分外し、浴室を温めるなど工夫をしましょう。また、心臓に負担がかかるので首まで浸かる時間は短めに。寒い場合は、肩にタオルを掛けましょう。」まだまだ寒さが続く新潟の冬、入浴事故を防ぎましょう。

(糖尿病ライフさかえ11月号 より)

※Newsletterは、こちらから一覧表示できます。

NewsLetter 2017年11月号

NewsLetter 2017年11月号

むし歯予防、磨くだけで良いの?

むし歯は、歯に付着したむし歯菌が出す酸によって、歯の表面が溶かされることで起こります。
そこでむし歯予防では、むし歯菌を含むバイ菌の塊であるプラークを除去することが大切になります。

歯磨きのお話しや練習をさせていただくのは、患者さんによく磨けるようになっていただく事を目的に行っています。
しかし、残念ながら気をつけて磨いている方の中にもむし歯になる方がいらっしゃいます。
実は歯磨き以外にも虫歯の発生に大きく関わっているのは、生活習慣です。中でも食習慣は大きく影響します。

・食事の時間が不規則で、お菓子で空腹を紛らわすことがある。
・運転中に加糖飲料を飲んでいる。
・仕事中に飴をなめたり、ガムを噛んだりする事が多い。
・家事の合間に少量の間食をちょこちょこ摂っている。
・散歩中に飴をなめている。
・禁煙後、口寂しいので飴をなめるようになった。
・スポーツドリンクをよく飲む。

などなど、あげればきりがありません。
人それぞれ、食生活に違いはあっても、甘いものの摂り方には注意が必要です。

甘いものを食べると、むし歯菌は酸をどんどん作り出すのです。むし歯になりやすいと感じている方は、1度食習慣を見直しましょう。

いの歯科医院 歯科衛生士 山川まり子

参考文献:デンタルハイジーン/2017.10

手用歯ブラシと電動歯ブラシ!

歯磨きのお話をしていると、「電動歯ブラシはどうですか?」と質問されることがあります。手用歯ブラシは上手く磨けないので、電動歯ブラシで磨けば、よく磨けるようになるかしらということのようです。
ただ単に、電動歯ブラシといっても、いろいろな種類があり、その種類によっても使い方は違います。
歯磨きで大切なのは、どこをどのように磨いて、プラークを除去するかということです。その人にあった磨き方や道具があり、手用歯ブラシだから磨けない、電動歯ブラシだから良く磨けるということではありません。

(デンタルハイジーン 2017.10より)

※Newsletterは、こちらから一覧表示できます。

NewsLetter 2017年10月号

NewsLetter 2017年10月号

歯にできた白く濁った部分って何?

皆さんは歯の表面にできた白く濁ったところは何だろうと思ったことはありませんか?

それは「初期むし歯(むし歯の始まり)」の可能性があります。歯の表面からカルシウムなどが溶け出しているため、白く濁っているのです。
初期むし歯ができているということは、お口全体がむし歯になりやすい状態になっているサインです。しかし初期むし歯は、すぐに自分で発見できるとは限りません。歯科医院では、専用の器具で歯の汚れを落としたうえで、歯の表面の変化を詳しく観察し、確認します。
その後、歯の磨き方や食習慣などいろいろな角度からお話を聞いて、むし歯になりやすくなっている理由をお話しします。また、むし歯になりにくいように予防処置も行います。
このように初期むし歯を早く発見して、削らずに歯の表面のカルシウムなとが戻るようにする事で、初期むし歯を進行させないようにする事ができます。

多くの方は、穴があいてから、あるいは水がしみるなど痛みや違和感を感じて、はじめて歯科医院を受診されるようです。穴があいたむし歯が自然に治ることはありません。穴があく前の初期むし歯の段階で発見することが大切です。

一昔前は、むし歯といえば「早期発見、早期治療」でしたが、最近は早く見つけて、長期的に経過を診ていくことが主流になっています。
気になった方は、歯科医院を受診してみましょう。

いの歯科医院 歯科衛生士 辰喜 光

参考文献:nico/2017.06

治療中の歯では噛まないで下さい!

歯の根の治療後に食事をする時は、治療をした側で噛まないようにしましょう。根の治療をしている歯には、本格的な補強がされていないので、噛む力で割れてしまうことがあるからです。また、仮のフタや仮歯が取れた時は、そのままにしないで歯科医院にご連絡をお願いします。

(nico 2016.06より)

※Newsletterは、こちらから一覧表示できます。

NewsLetter 2017年9月号

NewsLetter 2017年9月号

詰め物、傷んでいませんか?

皆さんのお口の中に詰め物は入っていますか?
どんなに上手な治療でも、毎日噛んで使っていれば、いつか壊れることもあります。傷んだ詰め物を放っておくと思わぬトラブルの火種に!

●注意1 わりと詰め物がよく取れる!?
日中に噛みしめたり、夜中に歯ぎしりをしていませんか?噛む力が強い方は詰め物の周りの歯質が傷みやすく、詰め物が取れやすいのです。就寝中にマウスピースを使うなど歯科医院で対策を相談しましょう。
●注意2 詰め物の下にむし歯ができた!?
詰め物と歯の間に段差や隙間ができ、むし歯菌が入り込んだのかもしれません。他の詰め物も段差や隙間ができていないかチェックしてもらいましょう。
●注意3 詰め物が取れて反対側で食べている!?
歯科医院に行かずに反対側で食べていると偏った力が片方の歯に集中してかかるため、今度は反対側の歯の詰め物が取れたり傷んだりして、トラブルが拡大する事があります。放置せずに治療を受けましょう。

どうですか?皆さんに当てはまることはありましたか?まだ取れていなくても心配になった方、ぜひ歯科医院でお口全体の状態を診てもらいましょう!

いの歯科医院 医療事務 小林万希子

参考文献:nico/2017.05

骨粗鬆症は女性の病気?

確かに骨粗鬆症は女性に多い病気です。しかし、男性も60歳をお送り過ぎた頃から骨量が減る傾向にあります。男性の骨粗鬆症は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病との合併が多いという特徴があります。男だから心配ないさと思わず、骨密度や骨質の検査を受けましょう。

(元気通信/35号より)

※Newsletterは、こちらから一覧表示できます。

NewsLetter 2017年8月号

NewsLetter 2017年8月号

「歯の質」を考える!

乳歯は、妊娠3~4ヶ月頃に歯の元となる歯胚ができます。永久歯は、乳幼児期から小学校低学年くらいまでが歯が作られる期間となります。

乳歯は、母親から供給されるカルシウムやリンを使って、エナメル質や象牙質を作ります。歯を作る時期に、カルシウムなどをきちんと摂取すれば、強い歯を作ることができます。歯を作る細胞に異常が起きると正常な歯の質を作ることができなくなります。その結果、「エナメル質形成不全症」や「象牙質形成不全症」になってしまいます。

歯が生えた直後の歯の質は石灰化度が低く、むし歯になりやすいという弱点があります。歯の石灰化度を上げるために、定期的なフッ化物の塗布などが有効となります。

歯の質は、萌出後も唾液の性状、う蝕、外傷、咬耗、摩耗、酸蝕症、加齢などの影響を受けます。
患者さんを継続的に診ていくことは、長期的なオーラルヘルス向上やその維持にとって、とても大切なことです。

いの歯科医院 歯科衛生士 山川まり子

参考文献:デンタルハイジーン/2017.06

フッ素入り歯磨剤のフッ素濃度が変わります!

これまで、フッ化物を配合する歯磨剤の高濃度のフッ素濃度は、上限を1,000ppm(0.10%)でしたが、3月17日に1,500ppm(0.15%)を上限とする高濃度のフッ化物を配合する薬用歯みがき類が医薬部外品として承認されました。1,000ppm異常のフッ素濃度では、500ppm高くなるごとに6%のう蝕予防効果の上昇がみられるということです。これから歯根面う蝕を主とした成人のう蝕予防には欠かせないものとなるでしょう。

(デンタルハイジーン 2017.06より)

※Newsletterは、こちらから一覧表示できます。

NewsLetter 2017年7月号

NewsLetter 2017年7月号

抜歯前、抜歯後に気をつけること!

抜歯は誰にとってもつらいものです。しかし、残念ではありますが、抜歯を避けられないケースはあります。そこで歯を抜く際には、抜歯前後で気をつけるポイントがあります。

抜歯前に気をつける事で重要なのは、持病と服用中のお薬を事前に教えていただくことです。お薬の中には、歯を抜いた後、希に副作用が出てしまうお薬があります。しかし、どのお薬も自己判断でお薬の服用を休むのは危険です。場合によっては、かかりつけの担当医に確認してから休薬をお願いすることがあります。くれぐれも指示があるまで服用を止めないで下さい。また、体調が悪い時に歯を抜くと傷の治りに影響が出ることがあるので、体の調子を整えてからにしましょう。

次に、抜歯後に気をつける事です。抜いた日は、傷口を守るために固まった血が、うがいや舌で触ることで失われると、骨が露出しひどい痛みの原因になります。口をすすぎたい時はブクブクくうがいはせず、水をそっと含み吐き出す程度にし、傷口を気にして舌で触らないように気をつけましょう。

また、血行が良くなると、出血しやすくなるので、歯を抜いた日は運動や飲酒を避け、痛みや出血がある場合は入浴を控えましょう。痛みが強くなると痛み止めが効かなくなる事があります。痛み止めは、「痛くなりそう。」と思ったら我慢せずに早めに飲みましょう。

ちょっとした配慮で、抜歯後の経過がだいぶ楽になります。注意事項を守って下さいね。

いの歯科医院 歯科衛生士 辰喜 光

参考文献:nico/2017.02

麻酔を受けた時の動悸(ドキドキ感)について!

むし歯の治療や歯を抜く時などに用いられる麻酔注射(局所麻酔)には、血管収縮薬としてアドレナリンが含まれるものがあります。アドレナリンは、血圧を上昇させたり、脈を速くする働きもあるので、人によっては注射直後から10~20分くらい心臓がドキドキする事があります。しかし、麻酔成分によるドキドキは一時的なものなので、角に気にしなくて大丈夫です。他には精神的なストレスからドキドキすることがあります。麻酔注射に関わらず、注射はやはり怖いですよね。歯科治療に苦手意識や、不安感、恐怖心がある場合はなおさらでしょう。当医院では、なるべく楽に麻酔注射を受けていただけるように、表面麻酔やお声がけをさせていただいています。

(nico 2016.11より)

※Newsletterは、こちらから一覧表示できます。

NewsLetter 2017年6月号

NewsLetter 2017年6月号

気づきにくいからこそ、予防が大切!

成人の約8割が歯周病にかかっていることをご存じですか?歯周病は、サイレントディジーズ(沈黙の病気)」とも呼ばれ、痛みを感じることが少ないため進行に気づきにくく、最悪の場合歯を失うことになります。そうなることを防ぐために、歯科医院で定期検査を受けましょう。

定期検査では、
・レントゲン撮影
「むし歯だけでなく、歯周ポケットの奥の歯石や歯を支える骨の状態を確認します。」
・プロービング
「歯周ポケットの深さを測り、歯周病の進行度を調べます。」
・染め出し
「歯垢染色剤で磨き残しを赤く染め出し、みがき残しやすい部分や歯みがきのクセを発見します。」
・歯みがき指導
「お口の状態にあったみがき方や歯ブラシ以外のアイテムの使い方を指導します。」
・歯石除去と歯の清掃
「自分では落とせない歯石を除去し、みがき残しの歯垢や歯と歯の間をきれいにします。」
・総合アドバイス
「レントゲンや検査結果を用いて歯周病やむし歯予防について、生活習慣を含め総合的にアドバイスします。」

このように、定期検診を受けなければ、日々のセルフケアチェックでは気づけないことやできないことがたくさんあるのです。今後のお口の健康のためにぜひ定期検診を受けましょう。

いの歯科医院 医療事務 小林万希子

参考文献:歯の学校/63号

Let’s8020運動!

平成元年にスタートし、今も厚生労働省と日本歯科医師会が推進している「8020運動」。80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという運動です。「80歳で20本」という根拠は20本の歯があれば食生活にほぼ満足することができると言われることにあります。運動開始当初は、7%程度の達成率でしたが、今では40%に迫っています。全身を健康に保ちイキイキとした生活を送るためにも8020運動を意識しましょう。

(HappySmile 2016.vol24より)

※Newsletterは、こちらから一覧表示できます。

NewsLetter 2017年5月号

NewsLetter 2017年5月号

口臭の原因は?

口臭に悩む方は少なくないと思います。その原因は、口の中だけとは限りません。
お口の中には細菌がいて、この細菌が増加することで起こるむし歯や歯周病を放置していると、口臭の原因になることがあります。

しかし、むし歯や歯周病を治療しても口臭が消えない場合には、全身疾患が原因していることがあります。
胃や腸には多くの細菌がいます。胃腸炎により、俗に言う「悪玉菌」が作用して有害物質が発生すると尿や血液に入って、全身に行き渡るので、汗として排出されると体臭になり、肺を経由すると息の臭いとして現れます。そして、おならや便の臭いもきつくなります。胃炎の人は、胃酸が逆流しやすくなるので、口から酸っぱい臭いがすることもあります。
肝臓機能が低下すると、消化過程で出てくるアンモニアを尿として排泄しきれなくなって、全身に運ばれ、呼気にもアンモニア臭が出ることもあります。
呼吸器系では、鼻、咽頭や気管に炎症があると、細菌が増殖して口臭となる事があります。

口臭が気になったら、まずは歯科医院でお口の健康をチェックし、それでも良くならない時は、全身の状態も気にしてみましょう。

いの歯科医院 歯科衛生士 山川まり子

参考文献:デンタルハイジーン/2017.01

幼児の歯並びは?

先日、知人からこんな相談を受けました。
子供が1歳児健診で歯並びが悪いと指摘されたそうで、どうして良いか悩んでいるというのです。お子さんはまだ1歳です。今後体の成長とともにお口の中も変化するものです。信頼できる歯科医院を見つけ、定期的に診てもらうように勧めました。お口の中の状態に合わせ、歯みがきの方法や食生活のアドバイスをしてもらい、フッ素塗布もしてもらいましょう。

(nico 2016.06より)

※Newsletterは、こちらから一覧表示できます。

NewsLetter 2017年4月号

NewsLetter 2017年4月号

お子さんの歯科治療について!

お子さんの歯科治療で来院された際、「少し風邪っぽいんだけれど、そんなにひどくないから来ました。」ということがあります。しかし、体調が悪いという事を上手に伝えられない低年齢児や、保護者に「今日しか来られないんだから!」と、無理やり連れてこられたお子さんに治療を行う事は、危険を伴う場合があります。

体調が悪い時に無理に処置をすることの不利益として、
・胃腸炎などで治療中に嘔吐すると、誤飲や誤嚥窒息などの危険がある。
・熱があると歯肉も充血し、抜歯では止血しにくくなる。
・抵抗力が弱っている時は、治療による創傷部から感染しやすい。
・本来歯科治療は嫌ではなかったのに気分が悪い時に無理に行うと、その後歯科治療が嫌になる。
など、これらのことが挙げられます。

当医院では、よほどの緊急性がない限り、お子さんを押さえつけたり、無理やり治療を行わない方針をとっています。少しずつトレーニングを行い最初は1人でイスに座ることができなかったお子さんも、上手に治療を受けられるようになっていきます。
せっかく上手に治療を受けられていたのに、治療後にもっと具合が悪くなってしまったり、体調が優れないせいで上手に治療が受けられなかったことで、歯医者嫌いになってしまうのは非常に残念なことです。

「治療を早く終わらせたい。」という保護者の方のお気持ちもあるかと思いますが、お子さんの体調や、待合室、診療室での様子をみながら治療を「後日改めてにしましょう。」という場合もありますが、ご了承下さい。

いの歯科医院 医療事務 小林万希子

参考文献:デンタルハイジーン/2017.02

食事の際にはひと工夫を!

少子高齢化が進む中、アルツハイマー病の方が身近にいらっしゃるという方も増えたと思います。アルツハイマー病の方は、食べ物を良く噛んでいるように見えても、口の中に長く溜め込んでしまう方がいらっしゃいます。そのため食事にとても時間がかかることがあります。少しでも食べやすくなるよう、小さく切ったり、軟らかくするなどの工夫をしてみると良いかもしれません。

(デンタルハイジーン 2017.02より)

※Newsletterは、こちらから一覧表示できます。